集客力は店舗デザインで決まる!お客さまが訪れたくなる店舗を作るために必要なことをご紹介します

店舗デザインを工夫することは、集客や満足度に大きく影響します。
居心地の良い空間にすればゆったり過ごせるため満足度を上げられますが、回転率は悪化するためバランスが重要です。
その分、価格に転嫁する必要があったりとポートフォリオをどうするかできるだけ見込みを正確に行うことが店舗経営の秘訣と言えるでしょう。
もちろんユーザーのニーズを満たす商品を提供出来ることが重要なのは、言うまでも無い事実と言えるでしょう。

集客力は店舗デザインで決まる!お客さまが訪れたくなる店舗を作るために必要なことをご紹介します

集客力を高める店舗デザインには大きく2店あって、何を提供しているお店なのか見た目や外観で感覚的にイメージしやすいことが1つ目です。
2つ目は店舗を利用した際の心地よさを内装の店舗デザインで提供していければ、リピーターとして繰り返し利用してくれるきっかけになります。
例えば同じ技術の美容室を提供するにあたっても、世界観によって居心地の良さは変わります。
もちろん技術力が高くユーザーを良好な関係を築けるのが前提です。

お店の種類によって違う成功する店舗デザイン

店舗デザインを行う際には、お店の種類によって成功するデザインが違うことを十分に意識することが大切です。
訪れる顧客の持つイメージを損ねないようにすることが成功するための重要なポイントとなっており、これを全く違うものにすると顧客が入店を躊躇してしまうことになるためです。
1部の店舗の中には従来とは全く違うイメージの店舗デザインを採用していると思われるものもあるのですが、この場合でも細かな部分で本来のイメージを残しているのがポイントです。
店舗デザインは顧客のニーズを惹きつける上でその見た目が非常に重要なポイントとなるため、その種類を十分に意識したものにすることが大切なポイントとなります。
また顧客に対するお店のイメージを高める上でも、その様子を明確にすることが必要であり、同時に安心感を与えるものとなっています。
ある程度成功してからそのイメージを変えるために異なる業種のものを採用するのは良い方法ですが、初めから全く異なるものにすると違和感を与えてしまうため注意が必要です。

スマートフォンの普及で重要度がさらに高まる店舗デザインの内装

スマートフォンの普及により、誰もがカメラを持ち歩く時代になりました。
カメラを使ってどこでも友達や家族と記念撮影し、気になるモノを見つけたら写真を撮るのが当たり前の時代です。
撮影した写真は保存して後から見返すだけではなく、SNSにアップするのも現代ならではでしょう。
SNSに写真をアップしてもらうというのは、飲食店を始めとする店舗には重要な要素です。
ポジティブな投稿がSNSで拡散されれば、それだけで大きな宣伝効果を得られます。
そのため近年の店舗デザインでは、SNSでの映えも重要視されています。
思わずスマートフォンで写真を撮影しSNSにアップしたくなるような店舗デザインの内装だと、集客効果をより高めることが可能です。
こうした取り組みは近年では珍しくなく、カフェなどではその傾向がより顕著です。
一人一台誰でもカメラを持つようになったことで、店舗デザインの内装に対する考え方は大きく変わっていきました。

入りやすいと感じる外装の店舗デザイン

入りやすいと感じる外装は、店舗デザインにおいて重要なポイントですが、具体的にどういったものか気になるのではないでしょうか。
誰もが入りやすいと感じる外装の店舗デザインは、一見して何のお店か考えなくても分かる看板が設けられていたり、店内の様子が把握できる大きな窓といった特徴があります。
また客層が確認できるのもポイントで、年齢層や性別、一人客でも利用できるか否かが分かるように設計することが重要です。
当然ですが、外壁が薄汚れていたり看板が壊れていると、営業しているのかすら分からず入りにくくなります。
逆に清潔さを感じさせる外壁や入り口周りと、整備されてる看板を備えれば、ポジティブに興味を引きつけて集客に繋げることができます。
飲食店は特に、店舗デザインが食欲を大きく左右しますから、食欲を損ねるデザインに気をつけつつ、お腹を空かせてメニューに興味を持たせる設計にすることが重要です。
店舗デザインに絶対的な正解はないかもしれませんが、入りたくないお店や自分が興味を持つお店の条件を対比して考えれば、理想的な姿が見えてくるのではないでしょうか。

競争が激しい飲食店は店舗デザインで差別化

飲食店はライバルが多くあるので、売り上げがなかなかアップしなくて悩んでいるところが多くあるはずです。
そこで、店舗デザインを変えて差別化することをおすすめします。
料理のクオリティが高くても、まずは店に入ってもらわないとお客さんを獲得することができません。
若い女性などは店内のデザインも重視して店選びをしています。
SNSで写真をアップする人のお洒落な店を利用したい考えを理解してください。
店舗デザインを変えて新しいお客さんを獲得して、リピートしてもらうためには料理が美味しくないとダメであることは飲食業の鉄則です。
店舗デザインを変えるために、優れた業者を利用することが大事です。
クオリティが低い業者だと店に入りたいと思ってもらえるデザインにすることができない可能性があります。
他の店と同じようなデザインではなく、しっかり差別化できるように優れた業者を利用して内装などのデザインを変更することが求められます。

著者:湯本健

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
美大を卒業後デザイナーとして人気店の店舗デザインを数多く手掛ける。
店舗デザインの必要性についてコラムを執筆しています。
大阪 店舗デザイン